ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報
ビューティサイエンスの庭、事務所概要
電話   03-6662-7800
メール  info@beautysci.jp
所在地  110-0015
     東京都台東区東上野
     3-33-9 森田ビル201
事業内容 美容セミナー
     美容コンサルティング
     美容総合事業

ビューティサイエンスの庭、LINKS

  • 美容の話|月2回更新
  • 岡部美代治 FACEBOOK

ビューティサイエンスの庭、メディア掲載情報

最新の情報

    「婦人画報 2017年 3月号 (ハースト婦人画報社)
    『たるむ人にもこける人にも「ぬいぐるみ理論」が役に立ちます』 p139」

    『私は以前から肌のたるみについて、ぬいぐるみを例え話でよく使っていました。今回のたるみ特集では大きくその例え話を取り上げていただきました。
    たるむ、こける、という表現にはぴったりだと、今さらながら感じました。』

    「オッジ 2017年 3月号 (小学館)
    『朝、洗顔するか、しないか、の件』 p182」

    『朝の洗顔は必要なのかどうか医師や美容家でも意見は分かれているようです。今回はどちらが正しいとかではなく、「洗わない派」と「洗う派」それぞれの立場の見解を読んでもらう企画。考え選ぶのは読者という素敵な企画です。』

    「ヴォーチェ 2017年 3月号 (講談社)
    『日本初!「シワを改善する」薬用化粧品、誕生。』 p64」

    『今年の新製品で話題を集めているシワ改善美容液のタイアップ広告です。
    画期的なポイントや実際使用しての感想とおすすめポイントについてコメントを入れました。』

    「ビーズアップ 2017年 2月号 (スタンダードマガジン)
    『2017最新美白ケア超速報!!』 p24」

    『今季の美白ケアで押さえるべきトレンドワード、新製品、悩み別アイテムの効かせ方について取材を受けました。早い取材だけに発表会に間にあった商品から傾向を分析し、解説しました。』

    「ジンジャー 2017年 2月号 (幻冬舎)
      『キレイに効く!真実の化粧品リスト』 p154」

    『2016年下半期のビューティアワードの発表で、美容のプロ7名の一人として選定とコメントを入れました。この時期、2016年のベストコスメは各メディアから発表されていますが、読者層による特徴的な結果も興味深いですね。』

    「ヴォーチェ 2017年 2月号 (講談社)
    『VOCE年間ベストコスメ大特集』 p139」

    『2016年度の年間ベストコスメの審査員として採点した結果の特集企画です。52名の一人として選んだ商品のコメントも入れました。誰が何に何点付けたかそのまま記載されているのが公正です。』

    「C&T 2017年 1月号 (週間粧業)
    『サイエンスコスメ最前線』  p43」

    『世界トップレベルにある日本の化粧品の研究開発力に関して、その具体的事例について取り上げました。サイエンスコスメとはサイエンスとテクノロジー基づいてつくられたことを主張する化粧品と定義もしました。』

    「DIET&BEAUTY 2017年 12月号 (UBMメディア)
    『開催速報 コスモプロフアジア2016(香港)』 p8」

    『11月に開かれたアジア最大の美容展示会で出演したJAPANセミナーのことが取り上げられました。日本における化粧品のアンチエイジング効果、基礎研究の現状から将来展望について話しました。』

    「TOMOKO 2016年 冬号 (Tomod’s)
      『美容相談Q&A』 p18」

    『今回はアイメイクを頑張りすぎると目や目の回りのデリケートな皮膚を痛めているのではないかという質問に答えました。まずは目に入った時の対処、そしてギリギリ際までのメイクへの注意、そして睫毛へのいたわりです。』

    過去の掲載実績はこちら>> 2017[上半期]  2016年[下半期]
    2016年[上半期]  2015年[下半期]  2015年[上半期]  2014年[下半期]  2014年[上半期]  2013年

>このページの上部へ戻る